小学生で英語の授業

娘が通う学校では小学校1年生から英語の授業があります。
あれ?高学年から必須じゃなかったっけ?と思ったのですが、学校の教育方針によってそうなったみたいです。
逆に小さい時からやってくれると英語に親しみがあっていいのかもしれない。

まぁ低学年では、歌を歌ったりと勉強というよりは英語って楽しいよと言うのを教える感じみたい。
しかし、娘はその授業ですでに遅れを感じているようで「英語はいやだ」と言っている。この時点で言ってると高学年になったときに、本当についていけなくなると思いました。

どうやったら英語が楽しいと思えるのだろう。
いろいろ娘に聞いたらすでにクラスの1/3程度は英語を習っているそうです。だから上手なことできない子の差がはっきり出ているみたい。
じゃあうちだって習わせてあげるよ!と思ったのですが、やっぱり英会話って月謝が高い。

私は旅の英会話の教材で英語の勉強しているから、娘もそっちも候補に入れておいた方がよいかしら。
先々の事を考えると、今なんとかしないと後から習わせてもうまくいかないと思ったんだよね。そこで無料体験に行かせることにしました。
最初は「いやだ」の一点張りだったものの、行ったら友達も来ていて少し安心したのかた、体験が楽しかったそうです。これだったら習ってもいいと思えたようです。
ちょっと高いけど習わせることにしました。今では「英語習わせてくれてありがとう」と言ってくれます。