医療脱毛って実際どうなの?痛みは?効果は?

無駄毛に悩む女性なら、一度はプロの手による脱毛治療について考えられたことがありますよね。

どうせ施術を受けるなら、少し高くても確実に効果が出る医療脱毛にしたい…でも費用ってどれくらいかかるの?痛みはどのくらい?と初めての方なら気になる点も多いはず。それで実際体験してみて感じたことを皆さんにお分かち出来たらと思います。

まず医療脱毛とエステ脱毛の違いですが、根本的に使っている機械がまず違います。医療脱毛は医療行為従事資格のある人が操作を行うわけですから、機械もエステ脱毛と違って本格的脱毛治療行為を行えるものです。少し詳しく述べますと、エステ脱毛の機械は黒以外の色にも反応してしまうのに対し、医療脱毛の機械は黒色のみにしか反応しませんので、ずっと効果的に毛根にレーザーを照射することができます。

出力も医療脱毛の方が強いです。ただ確実に治療を行う分、施術中はかなり傷みを感じます。個人的には脚膝下、膝、手の指、肘が痛く感じました。よく「輪ゴムでぱちっと弾いたくらいの痛さです」と説明されますが、これらの部位はそんな程度の痛さではなかったです。

歯を食いしばるほどの痛さでした。また照射後は冷たい濡れタオルを載せてゆくため、冬場だと体が凍えます。若干意識朦朧としながら「綺麗になるってなんて大変…」と思っていました。しかしそんな試練を乗り越えると、真っ白なつるつる肌にめぐり合うことができます。さわり心地も抜群で、家庭用脱毛器のケノンが気軽で人気がありますけど医療脱毛ではありません。医療脱毛は確実に効果が出ます。